未分類

即日融資が可能な銀行カードローンと注意事項

銀行カードローンは、申し込みの当日中の審査に対応している所であれば、即日融資が可能な場合があります。
ただし、多くの銀行が店舗の営業時間に合わせて審査業務を行っているため、土日や祝日には即日融資が出来ないことがほとんどです。インターネットから申し込みの受付をしている場合がありますが、審査は翌営業日以降に持ち越しとなり、平日の申し込みでないと厳しくなります。
銀行カードローンの即日融資は、手元にカードが届いていないために、初回は振込入金となることがほとんどです。キャッシュカードにカードローンの機能を付けるのであれば、仕事帰りにATMから借りることも可能です。
口座を保有している銀行であれば時間の制限が比較的緩いですが、他行の口座に振込入金する場合は、他社の営業時間も関わってくるために、正午くらいまでに契約手続きを終えておかないと、即日融資をしても入金が翌営業日以降になるため、当日中に手元にお金を用意するのは難しくなります。出来るだけ早めに申し込みをして、審査を終えられるように心がけましょう。
契約機を設置している銀行カードローンの場合は、土日にインターネットや契約機を通じて申し込みが可能で、その場で審査を行い、ローンカードを作って即日融資ができる場合があります。しかし、営業時間外は契約機のコーナーを施錠している所もありますので、無駄足を踏まないためにも、先に問い合わせておくといいでしょう。お金借りるならどこがいい?みんなが選んだカードローンランキングを参考にしてください。
また、学生でもローンできるようにするため、学生専用のローンが存在しています。学生だとフルタイムで仕事できるわけではないため、収入が少なく、困ってしまっている人が多くいらっしゃいます。万が一の時に大きな助けになる学生ローンは、その人の状況によって利用することがオススメです。
お金に困った場合、できることなら即日融資をしてもらいたいけれども、学生ローンは可能なのかどうかが疑問になります。学生ローンでもフリーローンと同様に、即日融資をしてもらうことを可能としています。ただし、即日融資をしてもらえるけれども、実際に借りられるのかどうかは別問題です。
学生でもローンを可能としているけれども、しかし誰でも対象としているわけではなく、幾つかの条件をクリアしていなければいけません。高校生ではないことがもちろんですが、多くの会社では20歳以上を対象としていますし、ある程度の収入を必要としています。即日融資可能としている学生ローンの多くが消費者金融系で総量規制対象ローンとなってしまうため、収入がなければ対象外となってしまいます。
借りようと思ったら、まずは条件をクリアできているのかどうかを確かめてから申し込みをしてください。また、成人していても親に迷惑をかける可能性が出てしまいますので、親に相談してからにしましょう。

未分類

総量規制に該当するローンとしないローンの違い…どこで見分けるの?

おまとめローンの話題が出た時に、総量規制という言葉を耳にした方もいるのではないでしょうか。
この総量規制とは、そもそも借り入れ総額が、年収などの3分の1に制限される仕組みのことで、貸金業法に基づかれているものです。
特にあちこちでローンを組んでしまい、多重債務状態になってしまっている方の中で、おまとめローンを利用しようと考えた場合、この部分が気になる方もいるのではないでしょうか。
つまり、この総量規制があるため、おまとめローンは利用できないと考えてしまうのです。
ですが、そもそも総量規制には例外があり、有利さを借り換えの時に借りる側が感じることができるなら、それに当たるといわれています。
おまとめローンは、多重債務の方からするとローンを1つにまとめることができ、金利を下げることができるケースもあるなど、有利さを感じる場合もあるようなので、これに該当するといわれています。
つまり、年収などの3分の1を超える状態でも、利用できる場合もあるようです。
ですから、あちこちでローンを組んでしまい、多重債務状態になってしまった上に年収などの3分の1を超える状態である方でも、最初からおまとめローンの審査を諦めてしまうのはもったいないのです。
おまけに、このおまとめローンも銀行のものと消費者金融のものがあるということはご存知でしょうか?
銀行のおまとめローンの場合は、消費者金融とは異なり、総量規制は対象外となります。
それはなぜかといいますと、銀行は消費者金融ではないので、貸金業法に基づくのではなく、銀行法に基づくからです。
つまり、対象となる法律が異なるというわけなんですね。
このことからも、銀行カードローンは総量規制は対象外であるといわれています。
ですが、総量規制は銀行は貸金業法が適用されないので関係がないとはいいましても、やはり銀行には銀行の審査基準というものがありますから、この部分は忘れないでいたいものですよね。
この法律の適用範囲の違いもきちんと意識し、総量規制の適用についても理解して、銀行カードローンやおまとめローンなどの様々なローンも、賢く利用することが大切なのではないでしょうか。
ローンを適当に組むのではなく、消費者金融のものと銀行のもの…せっかくなら意識をしてローンを組み、上手く活用したいものですね。
このように、全てのローンが同じ法律から成り立っているというわけではないのですから、だからこそ利用する側も、ローンを賢く計画的に使い、きちんと返済を心がけるべきなのではないでしょうか。

未分類

任意整理をするときの注意点

借金の返済に追われて生活費が足りないので任意整理をしたいと考えている人もいるかもしれません。
任意整理は裁判所に申し立てる必要が無いので自宅に書類が送られてこないというメリットがあります。
このため借金を家族にバレたくないと考えている人には向いています。
さらに、官報に載ることもありません。
官報などいちいちチェックしている人はいないので載ったところで大丈夫と考えているかもしれませんが、現在官報はオンラインでいつでも検索できる状態になっています。
任意整理をするときは金融機関と話し合って借金を返済できる範囲内に減らしてもらいます。
法律知識のない素人が金融機関と交渉しようとしても相手にされないので、弁護士や司法書士に相談したほうが無難です。
どの弁護士に相談して良いかわからないときはインターネットで自宅や職場付近の事務所を検索してみましょう。
任意整理の交渉が成立すると誓約書を金融機関と取り交わします。
この誓約書には返済を怠った場合は一括返済を求めるなどの条項が書かれています。
交渉成立後に返済を滞納すると金融機関は任意整理を取り消します。
取り消しの結果、一括返済を求められたら生活が一気に厳しくなります。
このため、取り消しにならないように必ず返済をするという覚悟が必要です。

未分類

自己破産をすると、連帯保証債務はどうなる?

消費者金融や銀行から借り入れをするときには、連帯保証債務を負う「連帯保証人」を求められることがあります。
連帯保証債務というのは債務者本人(お金を実際に借りる人)が借金の返済を行わないときに、本人に代わって支払いをするという義務のことです。
それでは、債務者本人が自己破産をしたときにはこの連帯保証債務の扱いはどうなるのでしょうか。
残念ながら債務者本人が自己破産してしまうと連帯保証人に対してもとの借金の残高の請求がされることになります。自己破産を検討している人の中には「連帯保証人になってもらっている人に迷惑がかかってしまうので、踏み切れない」と考えている方も多いかもしれません。
もちろん、債務者本人が自己破産を行った後、連帯保証人となっている人も続いて自己破産などの債務整理を行うということも可能です。
債務整理を行うとそれ以降の新規の借り入れの融資がおりないなどのデメリットもあるため、連帯保証人になってもらっている人に少なからずデメリットが生じるのは事実です。
現在、連帯保証人付きの借金がある人は、債務整理を行う際には身の回りの人にどのような影響が出るのか?をよく理解した上で手続きを行う必要があります。

未分類

支払いが苦しいときには債務整理で元金だけ返済

金融機関などにてお金の借り入れを行ったとき、借り入れ金に対して利息がつくのは当然のことです。
金融機関の利息は決して安くはありません。
百万円を借り入れた場合においても年間に利息を計算すると十万円ほどにものぼります。
そのため、利息分を返済するだけで手一杯といった方も少なくはありません。
何年もの間借金の返済を行っているが一向に減る気配がないといった場合、債務整理を行い、元金だけ返済するといった措置を取ることをおすすめします。
借金を返済できず、自己破産宣告をするかたも少なくはありませんが、自己破産は裁判所などに足を運ばなくてはならず、中々踏み出すことが出来ないと感じている方が多いのも現状です。
債務整理で元金だけ返済する手法は融資先との直接の交渉となります。
交渉が成立するとその後の利息は支払う必要性がなくなり、元金だけ返済する形となります。
そのため、返済がスムーズになると言えます。
また、長期間借り入れを繰り返している方においては債務整理を行ったことにおいて、過払い金が発覚する可能性も少なくはありません。
過払い金が発生した場合には元金も支払う必要性がなくなる可能性が出てきます。
もし借金返済にお困りなら債務整理を行うことをおすすめします。

未分類

自己破産による免責について

自己破産を行った場合、それまで抱えていた債務の大部分は免責に対象になります。
免責になる範囲がどの程度になるのかについては金融問題や消費者金融関連の問題を多く扱う弁護士に相談する必要があります。
個々のケースにおいて免責となる対象や金額などが異なるため一般人には判断が難しい部分になるためです。
また最終的には裁判所で自己破産の手続きを行うことになるため手続きを進める上でも専門的な法律知識や金融知識などが必要とされるため弁護士に依頼する方法が一般的になっています。
実際に自己破産を行って免責を受けた場合その後数年間は新たな融資やローンを組むことが出来ないなど様々なデメリットが生じるという点についてもしっかりと理解しておく必要があります。
免責が受けられる部分が債務の全部か一部なのかによってその後の返済の義務が生じる部分もあるため自分にとって最適な解決方法を弁護士とともに模索する必要があります。
実際の手続きを行う前に専門家である弁護士としっかりと話し合いを持つことが何よりも重要になります。
これまで支払った金利負担分に関しても税率や法律の変更により返還される部分がある場合もあるためしっかりと確認するべきです。

未分類

自己破産をすると税金も免除になるの?

自己破産を行うと金融機関(銀行や消費者金融・クレジットカード会社など)から借りている借金についてはすべて免除してもらうことが可能ですが、残念ながら税金や社会保険料については免除されません(以前から未納になっている税金だけではなく、今後支払うことになる税金についても免除されません)
自己破産によって免除されない債務には税金や社会保険料のほかに子供の養育費、損害賠償債務(他人に損害を与えた時に弁償しなくてはならない債務のこと)などがあります。
これらの債務についても自己破産によって免除されてしまうと社会正義に反する事態が生じる可能性があるためです。
また、自己破産は「免責不許可事由」があるのにも注意が必要です。
ギャンブルなどによって負うことになった債務については免責されないということが法律上定められているのです。
免責不許可事由にはギャンブルによる借金のほか、株式取引などによって負ってしまった借金などが該当する場合もあります。
ご自分の債務がこれに該当するかどうかは弁護士や司法書士などの法律の専門家に相談すると教えてもらえます。
専門家への相談はメールや電話で無料で受け付けてもらえることが多いです(実際に手続きに着手してもらうためには料金が必要になります)

未分類

個人再生と民事再生の違いについて

個人再生は、民事再生の手続きなどを簡略化して個人でも利用しやすいようにした制度です。
両制度には、借金の減額や借金の金額、そして再生計画案の認可要件や手続き費用などに違いがあります。
まず「借金の減額」については、個人再生の場合は、最低弁済額か清算価値(全ての財産を現金に換価した価値)のどちらか多いほうを最低限支払わなければならないことになっていますが、民事再生の場合は、清算価値保障原則さえ満たしていれば、最低弁済額などの減額に関する制限はありません。
次に「借金の金額」については、個人再生では、住宅ローンを除いた負債が5000万円以下でなければ利用できませんが、民事再生ではそのような制限がありません。
そして「再生計画案の認可要件」については、個人再生の場合は、届出をしてこなかった債権者は計画案に賛成とみなされますが、民事再生の場合は、届出をしてこなかった債権者については、逆に反対とみなされるという違いがあります。
さらに「手続き費用」については、個人再生の場合は、再生委員を付けるのに15~20万円の報酬費が必要になりますが、民事再生の場合は、監督委員の報酬として最低でも200万円が必要になるという違いがあります。

未分類

破産手続きは行政書士の他に司法書士や弁護士に相談できます

破産するとき書類手続きだけなら行政書士に依頼すれば手続きに必要な書類は作成してくれます。
役所や官公署に提出する範囲なら行政書士でも可能ですが、裁判所に出向くとなると弁護士や司法書士に依頼した方がスムーズに行きます。
行政書士でも法律の専門家なので困ったことがあれば相談に応じてくれます。
破産手続きは一人でもできるので行政書士にアドバイスを受けながら書類を作成していけば、あとは裁判所に書類を持っていくだけです。
しかしながら債務整理のことについて詳しい行政書士が少ないので、相談するなら司法書士または弁護士にした方が確実です。
支払いの催促が来てどうにもならなくなったら、法律の専門家に相談すれば貸付業者に連絡して催促を止めてもらえます。
自分で貸付業者に連絡しても催促を止めることができなくもないですが、法律に詳しくないと相手側の言いなりになってしまいます。
催促を止めるなら司法書士か弁護士に任せましょう。
破産する前に債務整理で返済方法の検討もできるので、借金が膨らむ前に早めに相談した方が良いでしょう。
債務整理の中には利息を減らす方法や3年以内に分割で支払うこともできる任意整理や個人再生などがあります。

未分類

任意整理後の遅延は、債権者への早めの連絡が大事です

本来借金をする場合返済不可能になる恐れのある金額の借金をすべきではありません。
しかし、中には病気や仕事先の倒産で収入が絶たれたり予定外の収入の減少で返済ができない状態に陥る人もいます。
そこで多くの人は借入総額を減らすことで支払い可能になるよう弁護士や司法書士に債権者との交渉を依頼します。
結果任意整理を行って支払うべき利息を免除してもらったりひと月の返済額や期間を調整してもらうことで支払い可能なプランに立て直すわけですから、任意整理後の遅延は決してあってはいけません。
しかし返済に行き詰まり遅延することが確実になったら、その時点ですぐに債権者へ連絡しましょう。
債務者は任意整理の中で債権者と和解契約を行っていますので、本来は二ヶ月以上返済を怠ると和解契約は無効となり残額を一括請求されてしまいます。
そうなるとほとんどの場合債務者には残額を一度に支払う能力はないので、個人再生や自己破産といった法的手段を取ることになります。
1~2ヶ月の遅延であれば理由によっては見逃してもらえることもありますので、自分で誠実にお願いするかまたは任意整理を依頼した弁護士から担当者へ連絡してもらいましょう。
連絡なしに遅延することは最も避けたいことです。