太陽光発電 東京

太陽光発電を東京で導入する時にあなたに合った業者を見つける方法

太陽光発電とリサイクル

 

太陽光発電とリサイクルについて。
太陽光発電はエコな商品として、
特に2011年3月11日の震災以来、一気に普及しました。
しかし、太陽光発電は永久的に使えるものではなく、
消費するものです。
そのため、使えば使うほど、劣化していくのは否めません。
どのメーカーも、10年と寿命を設定しており、
メンテナンスや維持費などもかかってきます。
また、将来的には廃棄物になってしまいます。

 

 

 

近年、太陽光発電のリサイクルの取り組みが
さまざまなところで行われています。
太陽光発電は、太陽電池によって使われますが、
この太陽電池は、大きく分けて2種類あります。

 

 

1つは、シリコン系のもの。
2つは、化合物系のもの。

 

 

うち、結晶シリコン型のものは、
国内でもっとも多く使われていると言われています。
化合物系の太陽電池は、無機化合物の元素を含み、
以下のように呼ばれています。

 

 

・InGaAs太陽電池(インジウムーガリウムー砒素)
・GaAs系太陽電池(ガリウムー砒素)
・CIS系太陽電池(銅ーインジウムーセレン)
・CdTe系太陽電池(カドミウムーテルル)


このページの先頭へ戻る